暴力団の存在しない明るい沖縄県をめざして

トップページ > 

財団法人 暴力団追放沖縄県民会議について

 暴力団の壊滅を目指し「暴力団のいない明るく住み良い沖縄県」という県民の願いを実現するため、平成3年11月21日に設立されました。 
  そして、翌年の平成4年3月1日に暴力団対策法が施行され、各都道府県に「暴力追放運動推進センター」が各1つずつ設置されることになり、当県では「暴力団追放沖縄県民会議」が、「沖縄県暴力追放運動推進センター」として公安委員会の指定を受けています。

ロゴについて
暴力団追放沖縄県民会議ロゴイメージ 公益財団法人 暴力団追放沖縄県民会議 ロゴマーク
  全体の外形の円が、沖縄県の頭文字「0」を表し、両手のひらの中で守られている青い鳥は、沖縄県民と幸せの青い鳥をオーバーラップさせており、暴力団のいない沖縄県で県民が安心して生活していく姿を表現しています。
 また、円形のブルーは、美しい沖縄の海をイメージし、両手のひらは、公益財団法人暴力団追放沖縄県民会議の組織を意味しています。
[平成3年11月21日制定(公募)]
全国暴追センター・シンボルマーク 『パンチくん』 全国暴追センター・シンボルマーク 『パンチくん』
 「太陽をモチーフに、コブシを高々と挙げて、暴力を排除・追放する姿」を
デザインしたものです。
ロゴについて

サイト内検索

暴追カレンダー
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

2016年08月

携帯へアクセス
[ 携帯版へアクセス ]

トップページ >